犬の要求吠えの対処方

うちの犬は何かと要求吠えをします。

犬種はフレンチブルドッグであまり吠えないと聞いてしたが、小さい頃の躾けが甘かったのか想像以上によく吠えます。

犬の無駄吠えという表現をよく使ってしまいますが、これは飼っている人間側の勝手な表現のようで、そもそも犬の方は何かしらの理由があって吠えてるはずです。

うちの犬の場合、食事時間に人間が食べてるものに対しての要求吠えが最も多いです。

これは明らかに飼い主のしつけの問題でした。

吠えることで同じマンションの住人の迷惑を考えてしまい、ついつい人間の食べ物を与えてしまって、吠えれば食べ物が貰えるといった悪い習慣をつけてしまいました。

こうなってはそこから躾け直すのはかなり難しいようで、現に未だに食べ物に対する要求吠えは治っていません。

その次に多い要求吠えは、構って欲しい時でしょうか。

仕事から帰ってきて疲れてる時、ゆっくりくつろいでる時に限ってよくほえてきますから、つい声を出してたしなめるのですが、これが返って要求吠えに拍車がかかってしまうようです。

吠える事に対しての反応は、どうやら犬にとっては逆効果のようで特にうちの犬は遊びの延長のようにおもってるようです。

そこで構って欲しい時の要求吠えには、反応しないことつまり無視を決め込むといったことも試みましたが、あまり効果がありませんでした。

結果的にたとえ疲れていても相手が満足するまで遊んでしまい、ここでもまた犬を甘やかす事を助長させる結果となりました。

要求吠えの対処方に、吠えた時に犬が嫌がる音、たとえば空き缶やペットボトルの中に小石などを入れてそれを放り投げたり、普段からペットの嫌がる音を準備して吠えた時にすかさず聞かせる事で、吠える事と不快感を関連付けさせるようです。

なるほど効果がありそうですが、不審な侵入者や普段と違う音に対して飼い主に危険を知らせるという犬の使命感は尊重してあげたいですから、本当に困っている時の対処法なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください